2020年05月12日

英語のオンラインレッスンのトライアル

カート レッスン.jpg
 緊急事態宣言および特定警戒都道府県への指定に伴い、園の臨時休園とアフタースクールの休校措置が続いています。本園では、園児及びアフタースクールの小学生に英語教育を実施しておりますが、3月中旬より実施できない状況が続いています。今後の見通しが立たない中でも、英語環境を子ども達に提供できる取り組みを実施する事を目指し、テレビ会議システムを活用したオンラインレッスン導入へ向けた「トライアルレッスン」を本日より開始しました。

 初日は、オンラインレッスンの有効性や問題点、改善点などを検証するために、人数を3名に限定し、3年生、4年生のお子様にご協力いただきました。
 時間は約40分間、3人の先生が約10数分レッスンを担当し、内容や環境も変える形式で実施いたしました。
 レッスンスタート直前の最後の確認をするカート先生。


ヨルゲン レッスン.jpg
 ヨルゲン先生も新しい取り組みにとても意欲的に取り組んでくれております。



クレッグ レッスン.jpg 
 クレッグ先生は、自分の姿が教材に入り込むように趣向を凝らした環境を準備していました。



 実際のレッスンの様子を少しだけ動画で紹介いたします。初めての取り組みの為、まずはレッスン受講生に音声や画像の確認を含めレッスンの進め方について英語で説明を行いました。



 REP(教材学習)で取り組んでいる、歌やアクティビティについても行ってみました。

 オンラインレッスン終了後、受講者にレッスンの感想や音の聞こえ方や映像の見え方などについて教えてもらいました。感想としては、全員から「とても楽しかった!」という回答があり、また、傍でご覧くださっていた保護者様からも好評のご意見をいただきました。ただし、機材によっては音声が少し聞き取りにくくなることがあったようで、具体的な改善点もいくつか見つけることが出来ました。
 明日は、1年生8名のトライアルレッスンを予定しております。5月中にトライアルレッスンを重ね、今後登校が出来ない状況が繰り返された場合も、しっかりとした英語教育を提供できるよう準備を続けていきたいと考えております。ご協力下さるアフタースクール生保護者の皆様、どうぞよろしくお願い致します。


ひとみ、ゆきな.jpg
 幼稚園部門の先生方は、午前中に今後のスケジュールに関するミーティングを行い、午後からは、登園再開へ向けた様々な準備に取組みました。きりん組(年長)の担任の先生は、保育内容についての打ち合わせを「3密」を避ける為、中庭のデッキで行っていました。
 その様子がとても微笑ましく見えたので、思わずカメラを向けて撮影したのがこの写真です。

 園の先生方はとても元気! そして子供たちをおむかえ出来たときに最善の体制で受け入れが出来るよう、一生懸命に準備を進めています。
 もうしばらく登園できない日が続きますが、もう少し我慢してくださいね!




 
posted by 園長先生 at 18:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。