2020年01月23日

3学期始業式&おもちつき

もちつき 先生.jpg
 22日(水)から3学期がスタートいたしました。
 本園はここ数年、3学期の始業式を園内放送で行い、その後、「おもちつき」を開催するのが恒例となっています。
 当日は、朝早くから先生たちは、お餅つきに向けた準備に大忙し!



もちつき 外国人.jpg
 英語教育に携わる3名の外国人の先生も加わり、国際色豊かなおもちつきです!




 和やかにおもちつきをする様子です。


もちつき りす.jpg
 先生の説明の後、りす組(年中)からスタートです。



あんもち.jpg
 おもちをついた後には、大福もちづくりに挑戦しました。


もちつき ひよこ.jpg
 ひよこ組(年少)の子ども達も元気いっぱい杵をふるっていました。



 その様子です。


もちつき きりん.jpg
 きりん組(年長)の子ども達は、大人用の杵と臼でもお餅つきを行いました。


ゆずね.jpg
 つきたてのおもちは、お昼にお弁当と一緒にいただきました。

3学期の始まりを美味しく楽しく、元気と笑顔いっぱいでスタートすることが出来ました。
ご協力いただきました、保護者委員の皆様、誠にありがとうございました。











posted by 園長先生 at 10:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

「ひよこ組(年少)冬休みスキースクール」開催!

ひ1 玄関前.jpg
 16日から20日の日程で、ひよこ組(年少)とりす入園(年中組)の子ども達の「冬休みスキースクール」を行いました。
16日は、午前がひよこ1組、午後がひよこ2組とそれぞれ1時間30分程、園のゲレンデでスキーを行い、17日、20日には1クラスずつ、テイネスキー場(オリンピアゾーン)でスキーを滑りました。
 ほとんどの子供たちが、記念すべき人生初のスキー!多くの保護者の皆様が、少しの不安と大きな期待を感じながら、ご参加くださいました。



ひ1 マンツー.jpg
 子ども達へスキーが早く上達し、すぐに楽しくなるためのポイントをデモンストレーションを交え、分かり易く説明した後、園児一人に先生1人が向かい合って指導するマンツーマン形式で滑り始めました。



ひ1 全景.jpg
 今年は極端な雪不足でスキーをするには難しい天候でしたが、少しずつ積もった雪を大切に滑走エリアに集めて何とか実施できるゲレンデを造りました。さらに当日の朝までに10p程の新雪が積もり、最高のコンディションと言える程のバーンで、とっても大切な人生最初のスキーをすることが出来ました。







 マンツーマンで滑る動画です。


ひ2 玄関前.jpg
 午後からはひよこ2組の子ども達が行いました。


ひ1 エスカレーター.jpg
 17日は、ひよこ1組の子ども達(りす組入園の園児も含む)がテイネスキー場(オリンピアゾーン)でスキーを行いました。
 初めは、初心者用のスノーエスカレーターを使って滑りました。


ていね 山頂.jpg
 スノーエスカレーターを使って2回滑った後、2人乗りリフトに乗って山頂へ。
 この日はとても天気が良く、リフトを降りると、眼下に街並みと日本海、留萌地方の山々まで見渡すことが出来ました。


リフト ひ2.jpg
 20日は、ひよこ2組(りす入園の園児を含む)の子ども達がテイネスキー場(オリンピアゾーン)でスキーを行いました。



 リフトを使って400m程の初級者コースを滑る様子です。



参加した園児全員とっても上達し、スキーが大好きになってくれました!
3学期のスキーが今からとても楽しみです‼
ご参加・ご協力くださった保護者の皆様、誠にありがとうございました。






 

posted by 園長先生 at 11:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

「りす組冬休みスキースクール in 札幌国際スキー場」

り1 国際 山頂.jpg
 10日(金)と14日(火)の日程で「りす組冬休みスキースクール」を行いました。今シーズンは、観測史上まれにみる少雪の為、当初予定していた「オーンズスキー場(小樽)」での実施を諦め、標高が高く十分な積雪量がある「札幌国際スキー場」へ変更して行いました。
10日はりす1組(年中)、14日はりす2組の子ども達が今シーズン初めてのスキースクールを行いました。
 2日間ともとても良いお天気に恵まれ、雪質も申し分なく、これ以上ないくらいの最高のコンディションでスキーを楽しむことが出来ました。



り1 トレイン森の中.jpg
 午前中の最初は、今シーズン初すべりの子ども達も多く、少し戸惑う様子も見受けられましたが、昨シーズンの感覚を思い出し、気持ちよさそうに颯爽と滑る様子が見られました。




 10日の午後から、森の中を気持ちよさそうに滑走する様子です。



ダウンヒル り2.jpg
 14日は、曇りがちだったものの風もなく、新雪が10cm程積り、北海道ならではのパウダースノーを堪能できました。
 午後から、急斜面のダウンヒルコースに挑戦するグループもありました。




視線の位置と手の位置を適正に維持し、安定して滑られるようになったグループには、ㇵの字(プルーク)からパラレルへの移行も促しながらスキーを滑りました。

 雪不足の為、急な場所変更となりましたが、最高のコンディションに恵まれ、充実したスキースクールを行うことが出来ました。保護者の皆様のご理解とご協力に大変感謝しております。誠にありがとうございました。



 
posted by 園長先生 at 14:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

「小学生冬休みスキースクール 第2期」

樹氷バック.jpg
7日(火)から3日間の日程で、小学生を対象とした冬休みスキースクール(第2期)を札幌国際スキー場で行いました。
私の担当したグループは、6年生7人、4年生1人計8名の上級グループの子ども達。全員卒園生で1年生の時から毎年本園のスキースクールに参加してくれているメンバー。同窓会的な和やかさを持ちつつ、さらなるレベルアップを目指してスキーに取組みました。




 6年生の女の子を先頭に、トレイン(連続して連なって滑る事)で中斜面のパラレルロングターンを行いました。基本姿勢(視線、手の位置、上体の傾き、スタンス)と切り替え部分からターンの導入にかけて外スキーのエッジで斜面をしっかりと捉える事を意識して滑りました。
その動画です。



 急斜面の小回りパラレルターン。フォールライン(斜面正面方向)に視線と体の向きを維持し、一定のスピードとリズムで滑り降りることを意識して行いました。その動画です。


とても集中して取り組み、着実な上達を見せてくれた子ども達。明日の更なるレベルアップが今からとても楽しみです!


森.jpg
3日目は、これまで2日間のトレーニング内容を意識した中で、急なコブ斜面や森の中の新雪など(滑走禁止区域ではない場所)を存分に楽しみました!スキーの上達には、「基本となる技術を意識して、様々な条件のコースを集中して楽しんで滑る!」ことが最も効果的なのです。
スキースクール最終日の本日は、スキーの醍醐味を思う存分楽しんでもらう1日となりました。



 最大斜度30度を超える急なコブ斜面をリズミカルに安定した小回りで降りることが出来るようになりました。
 これからも基本姿勢を大切にしてスキーを楽しみ、ますます上達していってくださいね!
posted by 園長先生 at 19:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする